スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

記念すべき


ホームページのアクセスカウンタが1000を越しました!

タッチフットに関係している人に教えただけなのに1000回ものアクセスがあることにビックリです。できたばっかりなのに。めでたい。いや~。嬉しいことなんでしょうね~。でも、俺なんて何回も訪問してるから50~100回くらいは俺のせいだね。


今日はミーティングをしました。

ミーティングで決まったこと。

10日、土曜日は普通に練習があります!1時にグラウンド集合です。

11日、日曜日は予定通り天童ボウルをします!!朝の6時50分、部室前に集合です。5時くらいまで試合をしたあとに、天童のチームさんと飲み会をします。
1年生以外はほぼ全員参加ということで・・・・、飲むからには、みなさん楽しんで飲みましょう。



そしてミーティングのときにルールも説明しました。みんな頭では理解できたと思います。あとは土曜日に体を動かして理解できれば完璧ですね。天童ボウルもあるし、本格的な試合を知ることができるでしょう。



ルール説明をした。ということで、聞けなかった人が不安になるかもしれませんね。


ということで、僕がブログ上でできるだけルールを説明してみようかと思います。これは試練だ!




IMG_0791_convert_20080507224340.jpg

まずはこれを見てほしい。

これはタッチフット、正確に言えば芸工大チームのオフェンスの基本形です。上から見た図。

センターを基準に、両脇にタイトエンドがいて、後ろにQBがいて、両端にワイドレシーバーがいます。

これをツーワイドなんて言ったりしますね。

次にこれ。

IMG_0793_convert_20080507224500.jpg


これがツインという形です。この場合、右ツイン。センターやタイトエンド、QBの位置は変わりませんが、WR(ワイドレシーバー)が右に二人並んでいるのがわかりますね?
この形、よくハドルで出されるので、右ツインとか言われたら、右に2枚だな。と理解してください。
逆に左にいると左ツインです。

覚えてください。

IMG_0794_convert_20080507224538.jpg


これはワンバックといわれる形。WRの一人が、ランニングバックといわれるポジションにいます。このポジションは主にランプレーを行う人です。ランプレーはまだ覚えなくてもいいので、覚えてほしいのはこの形です。こんな陣形もあるんだと知ってください。

もう一つ、オフセット、といわれる形もあります。これが写真がなくなっちゃって・・・。

めんどうなので、


WR→○    ○□○  
          ○  ○←WR
          ↑
          QB
はい。

これがオフセット。右のWRがタイトエンドの近くにいますね?右ワイドがオフセット。



基本的な陣形はこの通りです。なんとかわかってもらえたんじゃないだろうか?


はあ~。基本形でこの難しさ・・・・。これは大変だ。


次に!!!


GetAttachment6.jpg


DLというディフェンスのポジションをやるときの注意です。

DLはわかりますよね?敵のQBにタッチをしにいくポジションです。しかし相手にはタイトエンドというQBを守る役割の人がいます。

この人たちの『大外』から抜きに行く。または『内』から抜きに行く。という言葉があります。

大外はそのまま。タイトの外側から攻めること。内はタイトとセンターの間からいくということです。

その内から攻めるときの注意。

無理矢理いったらファールになります。
GetAttachment7.jpg


これはあかん。厳しい罰則があります。充分スペースができてから間を抜けてください。ワンテンポおくことがコツです。




さあ、次!!!


GetAttachment5.jpg


DLについてもう一つ!!
セットハットの前、またはその瞬間に、DLはあいてのボールより先にいてはいけません。必ずボールより手前にいてください。オフサイドというファールになります。この国境線をスクリメージラインという。


IMG_0795_convert_20080507224609.jpg


この線はスクリメージラインといって、この線からプレイが始まるということです。相手がこれを超えてもいけないし、自分たちもこれを超えてはいけない。



いい写真みつけた。
GetAttachment3.jpg


これはファールね。気をつけて。



オフェンスの人にも注意してもらいたいことがある。

それは


レディー!セット!!ハット!!といって、ボールがセンターの手によってスナップされる前の1秒間は


静止しなくてはいけない。

これは忘れないでください。レディ!の瞬間からピタッ!!と止まらなければならない!!!

これはみんな忘れがち。


GetAttachment4.jpg


この三つは気をつけなさい。ということでした。


以上のことは最低限知っていてほしいルールです。


ついでにタッチすることについての注意。

GetAttachment1.jpg


QBが投げるモーションをしている最中に、腕にタッチしたり、邪魔しちゃったりするのは反則です。気をつけましょう。

これは安全なスポーツです。これはダメだろうな~って考えれば、だいたいわかるはず!!危険なことはしちゃ駄目です。服引っ張るとか、腕を絡めてキャッチを阻止するとか。アメフトじゃないから。





これから書くことは、タッチフットとはどういうことをするゲームなのか?ということ。


はあ。これマジ大変。





GetAttachment9.jpg


タッチフットは4クォーター制です。1クォーター8分。
2クォーター終了で前半終了になります。

この第2クォーターと、第4クォーターの最後の2分間をツーミニッツといいます。この2ミニッツでは場合によって時間が進んだり、止まったりします。普通に2分間進むということはありません。

まだ、1年生が詳しく知る必要はないので、気にしなくてもいいんですが。

2ミニッツという何か特別な時間が存在するのだと理解してください。

2ミニッツ。



IMG_0796_convert_20080508001910.jpg


コートです。上から見たらこんな感じ。ハーフは30と書いてあるラインです。ハーフライン。

左端と右端がエンドゾーンと言われるエリアです。相手のエンドゾーンにボールを持ち込むことで、タッチダウンとなり、6点獲得!!となります。

一つのライン間が10ヤードあります。

ちなみに

1ヤード=0.91メートル

10ヤードは9メートルくらいです。


IMG_0797_convert_20080508001947.jpg



攻撃では4回の攻撃権があり、その4回の攻撃で10ヤード以上進むとフレッシュ(連続攻撃権獲得)すると紹介したことがありますね。
1のポイントから、2のポイントまでちょうど10ヤード。これを4thダウンまでに進めればいいわけです。

4回の攻撃のことを1番目から、1stダウン、2ndダウン、3rdダウン、4thダウンといいます。

問題です。

1stダウン、パスを投げました。しかし失敗。

2ndダウン、パス成功。5ヤード進みました。

3rdダウン、ボールを持って走りました(ラン)。8ヤード進みました。

次は何ダウン???





















はい。これは3rdダウンの段階で10ヤード以上進んだので、フレッシュになります。フレッシュになると自動的に1stダウンになるので、正解は1stダウン。
4thダウンじゃありません。



問題2

1stダウン、ランで5ヤード進みました。

2ndダウン、QBがタッチされ(サックされる)、10ヤード下がった。

3rdダウン、パス失敗。

4thダウン、パス成功で10ヤード進みました。

フレッシュした?
















はい。これはフレッシュしていません。最後に10ヤード進んでも、元の位置から10ヤード進んだ位置にいかなければフレッシュになりません。これは合計すると5ヤードしか進んでいません。これはフレッシュせず!!ターンオーバーです。攻守交替します。




今回のミーティングでいい質問がありました。



点数が入るのはタッチダウンだけですか?


説明します。点数が入るのはタッチダウンだけではありません。

さっき説明したようにタッチダウンすれば6点入ります。

このタッチダウンのあとに『トライフォーポイント』という、おまけ点を獲得できる1プレイが設けられます。

IMG_0799_convert_20080508002014.jpg


ゴール前で1プレイすることができます。この1プレイには4thダウンありません。1stダウンのみです。
タッチダウンを取ったチームが1点、もしくは2点を選択することができます。

1点のときは3ヤード後ろから1プレイ。
2点のときは8ヤード下がった場所からの1プレイです。

これを決めれば1点ないし2点獲得できます。失敗してもタッチダウンでとった6点がなくなるということはないから。おまけなし。ってだけ。

ただ、試合終了時に同じタッチダウン数だったのに、トライフォーポイントを決めているのと決めていないのでは勝敗が左右されます。6対7になったりね。トライフォーポイントは勝敗を大きく決めます。大事です。


そしてもうひとつ。

点数が入るのはセイフティ(自殺点)です。

これは説明が難しいのですが、オフェンスが自陣のエンドゾーン近くでプレイがスタートするときに、
ボールが自陣のエンドゾーンに入った状態でタッチされたときにセーフティになります。

これは滅多にないし、説明が難しいので練習とかで教えます。





今日はこれくらいにしよう。

ものすごいがんばったよ。なんせ2時間くらいやってるから。

せっかくだから1年生の全員に読んでもらわないと!!!これを見てないという人に見るように言ってあげてくれ。ルール全然わかりません。なんて言わせません!!!


俺はがんばったぞ!!

あとは君たちががんばる番だ。




スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。